MENU

ホッコリしたいときオススメです

メニュー

  • 鯛の煮付け
  • 海老いものたいたもの
  • キャベツとお豆腐の味噌汁
  • 御飯

 

レシピ

1・鯛の煮付け
   材料: 鯛の切り身一人一切れ、水、砂糖、お酒、薄口    醤油濃い口醤油、しょうがすりおろしたもの、ハチミツ

 

①まず鍋(魚が並べられる大きさ)に少し多めにお湯    を沸かします。鯛の切り身をきれいに水道水で洗って
   ステンレスのボールにいれておき、沸いたお湯をボー
   ルの中の鯛の切り身の上からジャーと回しかけます。    やけどしないように気をつけて下さい。そしてまた、    鯛の切り身を洗って    下さい。そうすることで魚特有の臭
   みが抜けます。
   ②先程の鍋の中に残ったお湯を再び火にかけ、沸騰さ    せます。
   100ccほどの料理酒を入れ、砂糖鯛一切れに対し大さ
   じ1ぐらいを入れ、薄口醤油、濃い口醤油を入れます。
   この時薄口の方は少しひかえめにしないと、塩分が多    くなり塩辛くなるので気をつけて下さい。この醤油の量
   はいつも私は大体なので、必ず味見をすることです。洗
   った鯛を重ならないよう煮立た煮汁の鍋の中に並べます
   しょうがを下ろしたものを少し入れて、ハチミツも少し
   入れます。アルミホイルで即席落としぶたをつくり5ヶ
   所くらい穴を空けます。
   切り身の厚さによりますが、弱火でことこと17分程
   煮ます。(途中大さじスプーンで鯛の表面に煮汁を回し
   しかけます。)そして出来上がり。焦げ付かないよう気
   をつけて。
 2.海老いもの煮物(子芋でも可能)

 

   ①海老いもは水で洗って、土を落としておきます。アル
   ミホイルを丸めたもので洗うと便利です。海老いもの皮
   きれいにむきます。
   ②みずを鍋の中に入れ、皮をむいた芋を入れお米を生の
   ままで10粒ほどいれて火にかけます。竹串が少し通る
   位になれば下処理完了。鉢に移し、先程の鍋を洗って
   みずを入れ、ほんだしとこぶだしを入れ、薄口醤油をこ
   れも少し入れて、手作り落とし蓋をし柔らかくなるまで
   弱火でコトコト煮ます。10~15分位。
 3、キャベツをせん切りにし沸騰したお湯の中に入れキャ
   ベツが柔らかくなれば、だしいり味噌を一人大さじ1弱
   を入れサイコロ大に切ったきぬこし豆腐150gを入れて煮
   立つ前に火を止めます。

 

 4、冷蔵庫の中に残ってる御飯をお茶碗にもり電子レンジ
   で温めます。

 

 

ポイント・感想

一番目の鯛の煮付けの、お湯をかけて水で洗う作業は皆さんお忙しいでしょうが、なるべく手を抜かないで下さい。魚の臭みを抜かないと、特にお子さん達は美味しくないと言って嫌いになるもとになります。面倒だけど、ゆとりのある時にトライしてみて下さい。海老いもというのがスーパーで売られている所があり、子イモと違う癖のない味がオススメです。子イモと同様、下処理をした方が癖が抜けて美味しくなります。米のとぎ汁を入れてした茹でしても良いですが、無精したい私はお米を入れした茹でしてます。前日にした茹でし、冷蔵庫に入れておけば次の日煮るだけなので楽です。

 

このページの先頭へ