MENU

簡単なのにメインになる!ささみの梅シソ春巻き+栄養満点!鮭のホイル包み焼きの献立

 

メニュー

  • ささみの梅シソ春巻き
  • 鮭のホイル包み
  • なめこと豆腐の味噌汁
  • ごはん

 

レシピ

「ささみの梅シソ春巻き」
ささみ:2~3本
梅干し:2~3個
シソ :10枚
スライスチーズ:5枚(溶けるタイプでも溶けないタイプでもお好みで)
春巻きの皮:10枚
☆下準備☆
ささみは茹でて細かく裂く。梅干しは種を取り除きたたいておく。チーズは半分に切っておく。春巻きの皮ははがれやすいように室温に戻しておく。
☆工程1☆
春巻きの皮をひし形になるように広げて下の方にチーズをおく。
☆工程2☆
チーズの上に梅干しを適量のせる。
☆工程3☆
梅干しの上にささみを適量のせる。
☆工程4☆
春巻きの皮の真ん中にシソをおく。
☆工程5☆
あとは普通の春巻きを作るようにまいて揚げるだけです。中身はすべてそのままで食べられるものなので油であげる時は皮をパリッとさせる程度でいいので生焼けの心配もありません。
うちでは油がもったいないので揚げ焼きのような感じで作っています。

 

「鮭のホイル包み焼き」
鮭  :2人分
えのき:好きなだけ
野菜 :人参、ピーマン、玉ねぎ、モヤシ・・・好きな野菜を好きなだけ。
味噌・砂糖 :大さじ1
醤油・酒・みりん:大さじ2分の1
バター:10グラムぐらい
アルミホイル
☆下準備☆
野菜やきのこ類は食べやすく火が通りやすいように切る。(玉ねぎは薄切り、人参は千切り、えのきは半分に切るなど)
調味料を合わせておく。
☆工程1☆
アルミホイルをひき、玉ねぎ→鮭→他の野菜の順にのせていく。
☆工程2☆
材料の上から合わせ調味料とバターを等分になるようにのせ、アルミホイルをしっかり包む。
☆工程3☆
熱したフライパンに並べ蓋をして中火で10分ほど火が通るまで蒸していく。
野菜が柔らかくなって、鮭も中まで火が通っていれば完成。

 

「なめこと豆腐の味噌汁」
なめこ :1パック
豆腐  :1丁
水   :500ml
酒   :小サジ1
ほんだし:小サジ1
味噌  :大さじ1~1.5
醤油  :小サジ1
☆下準備☆
なめこは袋から出して軽く洗っておく。
豆腐は好きなサイズにカットしておく。
☆工程1☆
お湯を沸かして酒、ほんだしを加える。
なめこと豆腐も投入する。
☆工程2☆
沸騰したら一度火を止めて味噌をとき、醤油を入れて完成。

 

ポイント・感想

☆ささみの梅シソ春巻き☆
調味料を合わせたりする手間が一切かからないので作るのが楽なのに味はしっかりしていてメインをはれる料理です。多めに作って次の日のお弁当のおかずとしても使えると思います。
梅干しがなければチューブタイプのものを使っても大丈夫ですが少し塩気が濃いので分量には注意してください。
☆鮭のホイル包み焼き☆
塩鮭を使う場合は塩抜きをしてください。
火力が強すぎると一番下にひいた玉ねぎが焦げてしまうので注意です。たくさん野菜を入れても出来上がりは結構しんなりするのでたくさんの野菜もペロリと食べられちゃいます。冷蔵庫の中の余った野菜の整理などにも使えるレシピです。
☆なめこと豆腐の味噌汁☆
食べる直前に温めなおす場合は味噌の風味が飛ばないように沸騰させないでゆるやかに温めてください。
だしと味噌だけで作る味噌汁よりも酒と醤油がほんの少し入るだけで奥行きのある味わいになる気がします。

このページの先頭へ