MENU

ちょっとオシャレに&吸収率アップの献立

メニュー

  • トマト丸ごと一個の肉詰め
  • エリンギコリコリいため
  • バターライス
  • ほうれん草と卵の味噌汁

 

レシピ

・トマトの肉詰め
トマトはオリーブオイルで絡めると吸収率が上がります。それを利用する料理です。まずは器となるトマトから。トマトはヘタの部分を少し多めに切り落とします。最後にそれを飾り付けの蓋として使います。ヘタを大きく切り落としたら、中の身をくり抜きます。その際、包丁を使って内側を円を描くように切り離していくと取り除きやすいです。そしてスプーンで中の身を取り出します。その身はひき肉と一緒に炒めます。では中の具となるひき肉へ。フライパンにひき肉とくりぬいたトマトの身を入れ、砂糖小さじ1、酒大さじ1、醤油大さじ2、お好みでニンニク少々で炒めます。火が通ったら器のトマトに入れていきます。少し多めに入れた方が見栄えが良いので豪快に入れていいです。そしたら、アルミホイルを準備し、その上に身を詰めたトマトを置きます。そして、溢れ出ないようにオリーブオイルを少量垂らします。そしてオーブンで約5分焼きます。するとトマトがいい感じに焼けてとても美味しそうな仕上がりになります。その際、オリーブオイルが少量溢れ出ることがありますがそれも見た目の良さということでそのままお皿に盛りつけます。これで完成。
・エリンギのコリコリ炒め。
エリンギを縦に割きます。そしたら包丁でサイコロのように一口大に切っていきます。あとはフライパンにオリーブオイルをひき、酒と醤油で一気に炒めて水分を飛ばします。中まで味が染みたら完成です。
・バターライス。
フライパンにオリーブオイルを敷き、ニンニク半かけを炒めます。香りが立ってきたら温かいご飯一人前を入れて炒めます。全体に馴染んだらバター5gを入れ馴染ませます。最後に塩少々と醤油小さじ1を入れ、全体に混ざるようにするために、この時は頑張ってフライパンを振り全体に行き渡らせます。お好みでブラックペッパーやパセリを乗せるとなお美味しいです。完成です。
・ほうれん草と卵の味噌汁。我が家は鰹節と煮干でいつも出汁をとります。鍋に煮干を入れ煮立ったら一旦火を止め鰹節を投入し、時間が経って鰹節が鍋底に沈んだら鰹節を取り出します。そこに洗って砂を落とし一口大に切ったほうれん草を入れ沸騰させます。そこに溶き卵を回し入れ、お味噌を解きます。完成です。

 

ポイント・感想

トマトの肉詰めは、難しそうに見えて意外と簡単です。ただ見た目は美味しそうですが少し食べにくいです。ナイフとフォークなら違和感ないですが箸で食べるとなるとちょっと難しいので、配膳する前にトマトの四隅に少し包丁を入れてあげると食べやすくなったようです。またひき肉の味付けを少し濃くすると白ご飯のおかずになります。お好みでブラックペッパーやバジルをかけるとなお美味しかったです。
エリンギコリコリ炒めはシンプルで簡単なのにとても美味しいです。

このページの先頭へ